運転免許証



フランスで運転する方法

一般長期滞在者(学生、ワーキングホリデーを除く)

(1) フランスに長期滞在する方は、フランス入国後1年以内に、居住地の県庁(PREFECTURE)又は支庁(SOUS-PREFECTURE)で、日本の運転免許証をフランスの運転免許証に切り替えなければなりません。滞在許可証取得後、速やかにフランスの運転免許証への切り替え手続をしてください。

 

(2) なお、1年間有効の査証(VISA)を所持している方はOFIIで査証に認証を受け、その日から1年以内に、居住地の県庁(PREFECTURE)又は支庁(SOUS-PREFECTURE)で、日本の運転免許証をフランスの運転免許証に切り替えなければなりません。

 

※ ただし、フランス到着直後、そして滞在許可証を申請中の場合に限り、日本で発給された国際運転免許証(フランス到着直後のみ)、又は有効な日本の運転免許証とその仏語翻訳を携帯することにより、フランス国内で運転することができます。

 

※ フランス入国後1年が過ぎますと、フランスの運転免許証への切り替え申請ができなくなりますので、ご注意ください。


学生及びワーキングホリデーの方

学生(滞在許可証にETUDIANT-ELEVEと記載されている方)及びワーキングホリデーの方は、日本の運転免許証をフランスの運転免許証に切り替えることができませんので、有効な日本の運転免許証とその仏語翻訳を携帯することにより、フランス国内で運転することができます。


旅行者

フランスに旅行で来られている方は、日本で発給された国際運転免許証により運転することができます。
日本の運転免許証とその仏語翻訳を携帯することにより運転することはできません。

EU 諸国発行の運転免許証をお持ちの方

他のEU諸国発行の運転免許証を既にお持ちの方は、その運転免許証でフランス国内を運転することができるかどうか、居住地の県庁(PREFECTURE)又は支庁(SOUS-PREFECTURE)にお問い合わせください。
※ 日本の運転免許証をお持ちであっても、その運転免許証をフランスの運転免許証に切り替えることはできません。お持ちのEU諸国発行の運転免許証をフランスの運転免許証に切り替えてください。



フランスの運転免許証への切り替え

フランスの運転免許証への切り替え手続や必要書類については、パリ居住者はパリ警視庁に、パリ以外の居住者は居住地の県庁(PREFECTURE)又は支庁(SOUS-PREFECTURE)にお問い合わせください。

 

必要書類として、日本の運転免許証の有効性に関する証明書(un certificat des autorités ayant déliveé le permis de conduire attestant de la validité des droits à conduire)を要求されることがあります。 このため、当館で日本の運転免許証の有効性に関する書簡(フランス語)を作成しています。 


サイト内の別ページに移動します。日本の運転免許証の有効性に関する書簡


 

パリ居住者の必要書類に関する注意点

運転免許証の仏語翻訳文は、フランス国裁判所指定の法定翻訳家(TRADUCTEUR ASSERMENTE)によるものが要求され、日本大使館作成の自動車運転免許証明では、受理されません。  

 

運転免許証の有効性に関する証明書(un certificat des autorités ayant déliveé le permis de conduire attestant de la validité des droits à conduire)についても、日本大使館作成の書簡では受理されず、日本の自動車安全運転センター発行の運転経歴に関する証明書(運転免許経歴証明書、無事故・無違反証明書など)とその仏語翻訳を提出しなければなりません。 日本在住の知人、ご親族を通じて、同証明書を入手し、フランス国裁判所指定の法定翻訳家(TRADUCTEUR ASSERMENTE)に仏語翻訳を依頼なさってください。

 

別ウィンドウで開きます。自動車安全運転センター

 

 

詳しくは下記のパリ警視庁ホームページをご参照ください。

 

別ウィンドウで開きます。パリ警視庁(PREFECTURE DE POLICE , Bureau des permis de conduire)
92 Boulevard Ney 75018 Paris     電話 : 01.53.71.48.11



仏語翻訳の申請先

日本の運転免許証の仏語翻訳は、管轄の在外公館又はフランス在住の法定翻訳家に作成を依頼してください。

  • サイト内の別ページに移動します。法定翻訳家  フランス国裁判所指定の法定翻訳家(TRADUCTEUR ASSERMENTE
  • サイト内の別ページに移動します。自動車運転免許証明   日本の運転免許証の内容をフランス語で証明する書類で、フランス語の翻訳に相当します。
  •                  お住いの地域を管轄する在外公館で申請してください。

 


フランス交通法規

フランスで運転する上で知っておいていただきたい事項について、日本の交通法規とは異なる部分を中心にまとめました。

 

サイト内の別ページに移動します。詳細はこちら

日本の運転免許証の更新等

日本の運転免許証の更新には法定講習の受講等が義務付けられていますので、住所地を管轄する都道府県公安委員会(運転免許センター等)で行うことができます。


また、既に日本の運転免許証が失効している場合であっても、失効日から3年以内であって、海外滞在等やむを得ない理由があり、その事実を旅券等により確認することができれば、簡易な手続(技能試験及び学科試験が免除)により日本の運転免許証を再取得することができます。


なお、更新や失効再取得を申請する際に古い日本の運転免許証がお手元にない場合は、あらかじめ住所地を管轄する都道府県公安委員会(運転免許センター等)にお問い合わせください。


日本で運転する方法 (一時帰国時、完全帰国後)

フランスの運転免許証に切り替える際に提出した日本の運転免許証が返還されない場合であっても、以下の方法により、日本で運転することができます。


フランスの運転免許証とその日本語翻訳を携帯する方法

 

一時帰国等による日本入国後1年間、フランスの運転免許証とその日本語翻訳を携帯して運転することができます。この日本語翻訳は、JAF(日本自動車連盟)に申請して入手することができますが、日本の親族等による代理申請や郵送申請も可能です。
なお、JAFが作成する日本語翻訳に有効期間は設定されていませんので、一時帰国等のたびに入国後(継続して)1年間は運転することができます。


JAF(日本自動車連盟)

 

※ フランスの運転免許証に基づいて発給された国際運転免許証では、日本で運転することはできません。

 

日本の運転免許証の再交付を受ける方法

 

フランスの運転免許証に切り替える際に提出した日本の運転免許証が有効期間内であれば、フランス当局からその日本の運転免許証が返還されないことを理由に、住所地を管轄する都道府県公安委員会(運転免許センター等)に日本の運転免許証の再交付を申請することができます。

 

フランスの運転免許証を日本の運転免許証に切り替える方法

 

既に日本の運転免許証が失効している場合、失効日から3年以内であって、海外滞在等やむを得ない理由があり、その事実を旅券等により確認することができれば、簡易な手続(技能試験及び学科試験が免除)により日本の運転免許証を再取得することができます。
また、失効日から3年が過ぎている場合であっても、住所地を管轄する都道府県公安委員会(運転免許センター等)で、フランスの運転免許証を日本の運転免許証に切り替えることができます。切り替え後、フランスの運転免許証はご本人に返還されます。

 

外国運転免許証から日本の運転免許証を取得するには


※ 日本の運転免許証に関する手続の詳細については、都道府県公安委員会(運転免許センター等)にお問い合わせください。



フランス当局による日本の運転免許証返還措置の廃止

フランスの運転免許証に切り替える際に提出した日本の運転免許証を当館に返還する措置については、フランス当局により廃止されることになりました。


この背景には、これまで無期限有効であったフランスの運転免許証に新たに有効期間が設定されるなど、フランス当局が運転者管理対策をより一層強化していく上で、二種類の運転免許証を同時に持つことを厳格に禁止するとの方針を徹底することとしたことがあると思われます。そして、日仏運転免許証の二重携行を未然に防止する観点から(注)、日本に対してのみ認められていた日本の運転免許証返還という特例措置についても廃止したものと思われます。


(注)EU諸国が発行する運転免許証と、EU諸国以外の第三国の運転免許証を二重に所持することは、EU指令により禁止されています。


以上の理由から、今後、パリ警視庁を始め、居住地の県庁(PREFECTURE)又は支庁(SOUS-PREFECURE)からの日本の運転免許証返還は行われません。仮に、県庁等から当館に自発的に日本の運転免許証が返還された場合には名義人に返還しますが、返還のための連絡先は在留届に記載された住所となります。


また、この場合でも、返還された日本の運転免許証によりフランス国内で運転することはできませんので、ご留意ください。


なお、当館に返還された日本の運転免許証の保管期間は返還後5年(日本の免許証の有効期間は最長5年のため)となります。当館返還後5年を経過した運転免許証は日本の外務省に移送されます。

 

当館からの返還作業は以下のとおりです。

 

  • 1. 日本の運転免許証が当館に返還されましたら、在留届に記載された住所宛に通知書を郵送します。
  • 2. その後、以下の方法により、日本の運転免許証を名義人に返還します。
    •  (1)当館からの通知書に付属の「返還依頼書」に必要事項をご記入いただいた上で、ご本人又は代理人が当館領事部窓口でお引き取りください。
    •  (2)遠方にお住まいの方のため、郵送による返還依頼もお受けしています。(郵送費用は、ご負担いただきます。)
    •   「書留・配達証明付き」(RECOMMANDE-AVEC AVIS DE RECEPTION)に必要な切手と、受取人氏名・住所が記載された返信用 封筒を同封の上、「返還依頼書」を当館宛にお送りください。(詳細は当館からの通知書をご覧ください。)

カテゴリ内の項目