平成28年春の叙勲

4月29日,内閣府より平成28年春の叙勲の受章者が発表されました。フランスにおける今回の受章者は以下の通りです。

●パスカル・コロンバニ (Pascal Colombani,男性,70歳)
主要経歴:元 原子力庁長官,現 ヴァレオ名誉会長,現 (特非)STSフォーラム評議員
功績概要:日本・フランス間の科学技術及び産業分野における関係強化に貢献
賞賜:旭日重光章


●ポール・ボキューズ (Paul Bocuse,男性,90歳)
主要経歴:料理人,レストラン「ポール・ボキューズ」オーナーシェフ
功績概要:日本・フランス間の料理分野を通じた交流の促進及び日本食文化の普及に貢献
賞賜:旭日小綬章


●松下フユ(まつした ふゆ,女性,70歳)
主要経歴:元 パリ・アメリカン病院日本セクション室長
功績概要:在留邦人への福祉功労
賞賜:旭日双光章


●アンドレ・アントワーヌ・ガルデラ(André Antoine Gardella,男性,65歳)
主要経歴:元 外務省研修所フランス語特別主任講師
功績概要:我が国外交官等に対するフランス語能力の向上に寄与
賞賜:瑞宝中綬章

 


カテゴリ内の項目