交通法規

交通法規:目次

右側優先 道路標識・標示
バス専用車線 交差点
円形交差点 信号
駐車 速度制限
飲酒運転 その他

右側優先

日本で信号も標識もない交差点では左側から優先的に通過するのと同様に、フランスでは同じ状況で右側優先となります。しかし気を付けなければならないのは、その優先度が日本に比べてはるかに大きく感じられることです。

 通常当地では、大きな通りと小さな通りがぶつかり且つ信号のない交差点には、どちらの通りに優先権があるかを示す標識が立っています。しかし、標識がない交差点では右側優先の法則が適用されるため、日本では考えにくいことですが、自分が大きな通りを直進しているにも関わらず、右側の小さな通りから自動車がスピードを下げずに飛び出してくるという事態に遭遇します。非常に危なく感じられますが、標識がない以上これは交通違反ではありません。従って自分が大通りを直進しているときでも、常に交差点から飛び出してくる車に注意を払う必要があります。

 ただし、逆の立場になったとき、右側優先の法則があるからといって、標識がない場合それをいいことに小さな通りから大通りへ左右をよく確認もせずに突っ込んでいくのは大変愚かなことです。いくらフランス人が右側に注意を払うことに慣れているからといって、大通りを走行中の全ての運転手が、交差点に差し掛かる度に進入車がないかスピードを落として確認しているとは到底考えられません。

 後に述べる円形交差点でも同様のことが言えます。進入車優先・走行車優先と2種類の円形交差点がありますが、前者(恐らくパリ市内の多くはこちら)の場合、自車の右側からひっきりなしに車が突っ込んできます。従って右側に常に注意を向けていなくては危険なのですが、かと言って前方をおろそかにすると、前の車が急停止したり、左側を全く見ないでいると無謀な車が猛スピードで自車の前を横切っていったりするので、円形交差点を運転中は普段にも増して集中力が必要となります。

 通常、高速道路では進入車には優先権がありません。それは各都市の環状道路でも同じです。ただし唯一の例外があり、それがパリ外周環状道路(Boulevards Peripheriques)です。こちらは右側優先の法則が適用され、進入車優先となります。従って一番右側の車線を走っていると、入り口がある度に進入車に道を譲らなくてはなりません。

 また、繰り返しになりますが、自車が進入する側である場合、そうは言っても左手に注意を払わずに本線に突っ込んでいくことは相当な危険を伴います。パリ市の住民だけがパリ環状道路を利用しているわけではありませんし、そもそもこの例外をどれだけのパリ市民が知った上で運転しているのか怪しいものです。

 また、信号及び標識がないという上記の条件に当てはまるといっても、以下の状況では右側優先とはなりませんのでご注意下さい。

(1)駐車している状態から発進する場合

(2)側道から通りに出る場合

(3)車線変更をする場合(車線変更をする車は、移動先の車線を現在走行中の車に対して一切優先権がなく、その進行を妨げることは許されません。)

滞在TOPへ
カテゴリ内の項目