交通法規

交通法規:目次

右側優先 道路標識・標示
バス専用車線 交差点
円形交差点 信号
駐車 速度制限
飲酒運転 その他

飲酒運転

フランスの道路交通法によれば,血液中のアルコール濃度が0.5g以上の場合,自動車を運転することはできません。警察はドライバーに対しアルコールテストを要求することが出来,テストを拒否したり,あるいはテストの結果飲酒運転とみなされた場合は,アルコール濃度等に応じて刑罰が科されます。

詳しくはフランス政府の案内をご確認下さい。


その他

携行物

自動車の運転に際しては以下のものを携行しなくてはいけません。

運転免許証
自動車登録証(carte grise
(家を引っ越す場合には住所変更手続きが必要です)
保険証
(緑色のステッカーをフロントガラスに貼っておくことも義務となっています)

ただし、いずれも車中に置きっ放しにすることなく、乗車の都度持って入るようにするべきです。不幸にして、これらの書類が盗難にあった際は直ちに警察に申し出ましょう。免許証に関しては2ヶ月間有効、自動車登録証に関しては1ヶ月間有効の仮の書類を作ってもらえます。


一方通行

パリの道路は非常に一方通行が多く、初めての道を地図もろくに見ずに出発すると、一旦迷ったら最後大変なことになります。着任して間もない方は、まず地図を見て双方向の往来がある大通りから少しずつ覚えていくようにしましょう。一度主要道路が頭に入ってしまえば、後は少々道に迷っても落ち着いて対処できるようになります。


チャイルドシート

当地でも10歳以下の子供に対してはチャイルドシートの使用が義務づけられています。体の大きさに合うものを選ぶようにしましょう。


フロントガラス洗浄液

フロントガラス洗浄液は冬になると凍ってしまう恐れがあるので、凍る心配のない耐寒用のものと入れ替えましょう。

 

 

 

滞在TOPへ
カテゴリ内の項目