フランスにおけるワクチン・パス(passe vaccinal)、衛生パス(passe sanitaire)について

2022/3/14
3月3日、フランス政府は、ワクチン・パスに関し、3月14日から適用される規制緩和を発表しました。その概要は以下のとおりですが、措置の内容は今後変更される可能性もありますので、フランス政府サイトや報道等で最新の情報を御確認ください。
 
【発表概要】
3月14日から適用される措置は以下のとおりです。
● ワクチン・パス(passe vaccinal)が求められていた全ての場所(レストラン、バー、ディスコ、映画館、劇場、ホール、競技場、見本市や展示会、地域間移動列車等)において、ワクチン・パスの提示義務を解除(suspendue)する。
● 病院、高齢者施設、障がい者施設での衛生パス(passe sanitaire)(ワクチン接種証明、陰性証明、回復証明のいずれか)の提示義務は引き続き維持される。
 
【関連フランス政府サイト】
●フランス政府Gouvernement fr.
 ワクチン・パスについて
●フランス政府Service public
2022年3月14日からのワクチン・パス終了等について:https://www.service-public.fr/particuliers/actualites/A15543 

相談先

「ワクチン・パス」や「衛生パス」について、個別のご照会については、以下のフランス政府窓口の他、ワクチン接種センター、医療機関(かかりつけ医)、付近の薬局、居住地管轄の地域保健庁(役所MAIRIEサイト等で確認可能)等にお問い合わせください。
 
●Numéro Vert(新型コロナウイルスに関する情報・助言、24時間): 0800-130-000
https://www.gouvernement.fr/egalite-outremer/un-numero-vert-du-gouvernement-pour-repondre-a-vos-questions-sur-le-coronavirus 
●パリ市行政案内(月~金: 8時30分~18時まで):3975
https://www.paris.fr/pages/3975-la-ville-au-bout-du-fil-7723 
●TousAntiCovidアプリについての照会:0800-087-148
https://bonjour.tousanticovid.gouv.fr/contact.html