令和3年春の叙勲

2021/4/29
4月29日、内閣府より令和3年春の叙勲の受章者が発表されました。フランスにおける今回の受章者は以下の通りです。
 
  • クリストフ・プラズック(M. Christophe PRAZUCK、男性、60歳)
主要経歴:元 海軍参謀長(海軍大将)
功労概要:防衛分野における日本・フランス間の関係強化に寄与
賞賜:   旭日重光章
 
  • ジャン=ピエール・ボセール(M. Jean-Pierre BOSSER、男性、61歳)
主要経歴:元 陸軍参謀長(陸軍大将)
功労概要:防衛分野における日本・フランス間の関係強化に寄与
賞賜:   旭日重光章
 
  • ロベール・エルマン(M. Robert HERRMANN、男性、66歳)
主要経歴:元 ストラスブール都市圏議会 議長
功労概要:日本・フランス間の経済・地方自治体交流及び相互理解の促進に寄与
賞賜:   旭日中綬章
 
  • ドミニク・モイジ(M. Dominique MOISI、男性、74歳)
主要経歴:元 仏国際関係研究所(IFRI) 特別顧問
             現 モンテーニュ研究所 特別顧問
功労概要:国際政治における日本・フランス間の相互理解の促進に寄与
賞賜:   旭日中綬章
 
  • クリスティアンヌ・セギー(Mme. Christiane SEGUY、女性、65歳)
主要経歴:元 ストラスブール大学言語学部教授
功労概要:フランスにおける日本研究の発展及び日本・フランス間の相互理解の促進に寄与
賞賜:   旭日小綬章