アンドラ公国における新型コロナウイルス感染拡大防止措置

2020/11/3
アンドラ公国は新型コロナウイルス感染拡大防止のための、以下の規制措置が実施されています。(2020年12月23日現在)

1 規制措置

レストラン
・正午から16時まで,19時から24時まで営業可。宅配サービスは可能。
・1テーブルは最大4人まで。ただし、同居者数が4人を超える場合を除く。
・利用者個人の登録が必要。椅子の間隔は少なくとも1.5m開ける。
 
バー
・屋外では,午前7時から19時まで中断なく,テーブルでのサービスが可能。屋内では,正午から13時まで、15時から16時までの2回、換気のためにサービスを停止する。
・1テーブルの最大人数は、屋内では2人、屋外では4人。ただし、同居者数がそれらを超える場合を除く。
・利用者個人の登録が必要。椅子の間隔は少なくとも1.5m開ける。
・営業時間中は、宅配サービスは注文可。
 
アルコール飲料
・ガソリンスタンドでのアルコール飲料の販売は、21時から午前8時まで禁止する。
 
学校および課外活動
・教育活動と課外活動は維持する。
・学校内では8歳からマスクの着用が義務。
・課外活動は、マスクを着用して行う。
 
テレワーク
・テレワークは可能な限り実施する。
・対面での業務上の会議は4人を超えてはならない。
・行政手続のためには予約が必要。
 
ジム
・一人での運動であろうと団体によるものであろうとマスクを着用する。
・保健当局が承認した特例を除き、指導のある活動は中止。
 
人の集まり
・屋内の集合は最大4人まで。ただし、同居者数がそれを超える場合を除く。
 
アンドラ政府関連サイト
https://www.govern.ad/images/stories/Coronavirus/PDFs/Evitar_propagacio_Covid19.pdf

2 隣接国との移動(2020年10月30日現在)

(1)スペイン・カタルーニャ州の通行に関する情報
  -カタルーニャ政府の規制により、スペイン・アンドラ国境は開放を維持するが、カタルーニャへの出入州には移動証明書の所持が必要。
  -あらゆる場合に、2種のカタルーニャ州政府の自己責任による宣誓書と、可能な限りその証拠書類を所持する。
  -感染の進行により規制が変更される可能性があるため、カタルーニャ州に移動する場合は州政府の公式発表で最新情報を確認する。
 
カタルーニャ出入国のための自己責任証明書各種
https://interior.gencat.cat/ca/arees_dactuacio/proteccio_civil/consells_autoproteccio_emergencia/malalties-transmissibles-emergents-amb-potencial-alt-risc-/certificat-autoresponsable-de-desplacament-en-el-marc-de-lestat-dalarma-per-la-crisi-sanitaria-per-la-covid-19/ 
 
Certificat autoresponsable de desplaçament per la crisi sanatària per la COVID-19:
https://certificatdes.confinapp.cat/#/
 
市内外移動のための自己責任宣誓書
(カタルーニャ語)
https://interior.gencat.cat/web/.content/home/030_arees_dactuacio/proteccio_civil/consells_autoproteccio_emergencies/coronavirus/Certificat/certificat_autoresponsable_desplacament-MUN-CA.pdf

(スペイン語)
https://interior.gencat.cat/web/.content/home/030_arees_dactuacio/proteccio_civil/consells_autoproteccio_emergencies/coronavirus/Certificat/certificat_autoresponsable_desplacament-Territori-CAT_ES.pdf

(英語)
https://interior.gencat.cat/web/.content/home/030_arees_dactuacio/proteccio_civil/consells_autoproteccio_emergencies/coronavirus/Certificat/certificat_autoresponsable_desplacament-Territori-CAT-EN.pdf
 
 
カタルーニャ州内外移動のための自己責任宣誓書
(カタルーニャ語)
https://interior.gencat.cat/web/.content/home/030_arees_dactuacio/proteccio_civil/consells_autoproteccio_emergencies/coronavirus/Certificat/certificat_autoresponsable_desplacament-Territori-CAT-CA.pdf

(スペイン語)
https://interior.gencat.cat/web/.content/home/030_arees_dactuacio/proteccio_civil/consells_autoproteccio_emergencies/coronavirus/Certificat/certificat_autoresponsable_desplacament-Territori-CAT_ES.pdf

(英語)
https://interior.gencat.cat/web/.content/home/030_arees_dactuacio/proteccio_civil/consells_autoproteccio_emergencies/coronavirus/Certificat/certificat_autoresponsable_desplacament-Territori-CAT-EN.pdf
 
夜間の移動のための自己責任宣誓書
(カタルーニャ語)
https://interior.gencat.cat/web/.content/home/030_arees_dactuacio/proteccio_civil/consells_autoproteccio_emergencies/coronavirus/Certificat/certificat_autoresponsable_desplacament_nocturn_CAT.pdf

(スペイン語)
https://interior.gencat.cat/web/.content/home/030_arees_dactuacio/proteccio_civil/consells_autoproteccio_emergencies/coronavirus/Certificat/certificat_autoresponsable_desplacament_nocturn-ES.pdf

(英語)
https://interior.gencat.cat/web/.content/home/030_arees_dactuacio/proteccio_civil/consells_autoproteccio_emergencies/coronavirus/Certificat/certificat_autoresponsable_desplacament_nocturn-EN.pdf
 
 
例外対象
カタルーニャ州政府によると、以下は例外として移動が認められています。
- 居住地への帰還。アンドラ国民は自国内に戻るために移動することができる。
- 高齢者、未成年者、被保護者、障がい者、特に脆弱な人の不可避な介護。
- 通勤のための移動。国境住民は、身分証明書の提示で国境を超えることができる。
- 職業上の移動および道路工事。
- 健康サービス補助および医療のための移動。自己責任宣誓書および医療検査結果等の証拠書類を所持することを推奨。
- 不可抗力あるいは他の正当な必要性。
- 移動規制の対象でない最終目的地へ向かう場合はカタルーニャ州を通り抜ける交通は許可される。
- 自国への帰還主義が適用されるため、学生はアンドラへ帰国することができる。スペインの滞在許可を所持する場合は、アンドラを出発してカタルーニャ州内の学校に戻ることができる。学生が試験等の学校の公式な呼び出しに出席するためであれば、同じく正当化される。


(2)フランスへの通行に関する情報
-フランス政府の定めた規制に従い、仏・アンドラ国境の開放は維持される。
  ただし、フランスへの出入国は正当な理由がある場合に制限される。
-あらゆる場合において、フランス当局の移動証明書および可能な限り証拠書類を所持しなければならない。
-感染の進行により規制が変更される可能性があるため、移動をする前には必ずフランス政府公式発表で最新情報を確認すること。


      フランス政府の証明書各種のダウンロード・リンク
     移動免除証明書/職業上の理由による移動証明書/学業のための移動証明書
     https://www.gouvernement.fr/info-coronavirus

     フランス政府によると、以下は例外として認められる:
- 居住地への帰還。アンドラの住民は帰宅するために移動することができる。
- 高齢者、未成年者、被保護者、障がい者、特に脆弱な人の不可避な介護。
- 通勤のための移動。国境住民は、身分証明書の提示で国境を超えることができる。
- 職業上の移動および道路工事。
- 健康サービス補助および医療のための移動。自己責任宣誓書および医療検査結果等の証拠書類を所持することを推奨。
- 不可抗力あるいは他の正当な必要性。
- 自国への帰還主義が適用されるため、学生はアンドラへ帰国することができる。


    アンドラ政府サイト:https://www.govern.ad/comunicats/item/12046-les-noves-mesures-temporals-per-reduir-els-contagis-inclouen-la-mascareta-obligatoria-a-les-escoles-a-partir-dels-8-anys