フランス国内 コロナウイルス検査について

2020/11/16
フランスでは、地方健康局(l’ARS)、私立研究所(Laboratoire)、病院、薬局、各市町村役場の特設検査場、空港、鉄道駅(期間限定)等でPCR検査、抗原検査(Antigénique) 、抗体検査(血液)のコロナウイルス検査を受けることが可能です。
私立研究所(Laboratoire)
 Santé.frサイト:https://sante.fr/recherche/trouver/DepistageCovid で検索可能。住所を入力すると最寄りの私立研究所(Laboratoire)を確認できる。予約の有無は各私立研究所(Laboratoire)の規定による。仏政府が推奨するスマートフォンアプリTousAntiCovid内からも検索可能。
 
パリ市の場合はパリ市HPからも検索可能:https://www.paris.fr/pages/covid-19-faites-vous-depister-gratuitement-pres-de-chez-vous-8200#districts-uwwa3lywnh-11
・サイト上の区の番号を選択すると地方健康局(l’ARS)、私立研究所(Laboratoire)等の検査場を確認できる。
・地方健康局(l’ARS)及びパリ市主催の検査場では検査料無料。
・パリ市主催の検査場において午前は有症状者、濃厚接触者、医療従事者等を優先とするが、午後は無症状者等全ての人が検査可能。
・検査時に持参するものは身分証明書と健康保険証(carte vitale)。健康保険証を所持していない旅行者であっても検査可能。有症状者、濃厚接触者等の優先対象者は受付に処方箋またはCPAMからのメールかSMSを提示、筆記用具(ペン)を持参すること。
・検査場ではマスク着用、ソーシャルディスタンスを保つこと。検査場の待ち時間を緩和するために問診票を予めダウンロード、記載して持参することが奨励されている。問診票の記入項目は、氏名、連絡先、保険番号等の情報、PCR検査目的、居住形態、主治医名、過去14日間の旅行滞在歴等。
問診票ダウンロード先:
https://solidarites-sante.gouv.fr/IMG/pdf/formulaire_patient_labo_covid_v1.0.pdf
 
病院、総合医
PCR検査、抗原検査(Antigénique) 、抗体検査が可能。要予の有無、検査料及び診察料は病院や医師により異なる。
 
薬局
抗原検査(Antigénique)のみ対応。処方箋なしで検査可能。健康保険証(carte vitale)の提示で検査料無料。健康保険証を所持していない旅行者であっても薬局で検査キットを購入すれば検査を受けられる。
 
空港
-オルリー空港、CDG空港では空港内検査場において出発客/到着客を対象とした検査。
 渡航先国の衛生基準を踏まえ必要に応じて検査を受けられる。
・PCR検査の場合は48時間以内にSMS、メール又はサイト上にて結果の通知を受ける。
・抗原検査の場合は1~2時間以内にその場で紙面による結果証明書を受け取る。搭乗時刻の2時間前に検査場に到着する必要がある。
・月~土曜日:7時~17時、日曜日:7時~12時(受付時間は終了時刻の1時間前迄)
   7時~11時までは抗原検査、その後はPCR検査に充てられる。
・空港で検査を受ける場合は搭乗券の提示が必要。
・検査料無料
・検査の予約はサイト上で行う(https://www.doctolib.fr/ 又は、https://www.cerballiance.fr/fr/blog/actualites/tests-rt-pcr-et-antigeniques-dans-les-aeroports-de-paris-partir-du-6-novembre
  ADPプレスリリース:https://presse.groupeadp.fr/tests-depistage-anticovid19-cerballiance/

-ニース空港内検査場において出発客/到着客を対象とした検査。
渡航先(主にフランス海外県・海外領土、イタリア等)の衛生基準を踏まえ必要に応じて検査を受けられる。抗原検査(Antigénique)のみ対応。(PCR検査は到着客のみ)
・出発の4時間前から遅くとも90分前までに検査受付。
・月~土曜日、5時~13時、結果は所要約30分で通知。
・検査料無料
・問診票(フランス語、イタリア語、英語、ドイツ語)ダウンロード先:
https://www.nice.aeroport.fr/Passagers/Actualites/COVID-19-Vos-voyages-au-depart-de-Nice
 
鉄道駅
2020年11月5日以降少なくとも6か月間に渡る措置として鉄道駅付近にPCR検査場(名称:MobilTest)を設置。
・検査場は、パリ東駅及びパリリヨン駅、マルセイユ・サンシャルル駅及びボルドー・サンジャン駅(11月12日以降)、レンヌ駅で(11月18日以降)に設置。
・事前予約制。予約はサイト上(https://loxamed.fr/rendez-vous/ )で行う。
・月~土曜日、9時~17時(受付時間は終了1時間前まで)
・午前は有症状者又は濃厚接触者を対象とするが、午後は無症状者についても受検可能。
・結果は24~72時間以内に通知(陰性の場合はSMSもしくはサイト上で知らせるが、陽性の場合はTeleDokの医師が電話で知らせ医療支援を行う)
・検査料は無料。
 SNCF関連ページ:https://www.sncf.com/fr/nos-engagements/covid-19-des-boxes-de-depistage-dans-cinq-gares

【参考】
PCR検査、抗原検査、抗体検査の違い: 下記、厚生労働省HPを参照。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00132.html
 
PCR検査:
-検査時にコロナウイルス保菌者であるかの検査。
-鼻咽頭ぬぐい式(綿心棒がついた15センチの棒ブラシを鼻腔に入れて細胞を採取する方法)。偽陰性を避けるために両方の鼻腔から採取する。
-地方健康局(l’ARS)、私立研究所(Laboratoire)、病院、各市町村役場の特設検査場、空港、鉄道駅等で検査を受けることが可能。
-症状がなく、処方箋なしでも検査可能。
-検査結果は少なくとも24時間必要。検査場の混雑具体により1週間程度かかる場合もある。
 
抗原検査:
-検査時にコロナウイルス保菌者であるかの検査。フランス政府によれば、信頼性はPCR検査よりも低いが、短時間で結果がわかるとのこと。
-病院、薬局、空港等で検査可能
-検査方法はPCR検査と同様に鼻咽頭ぬぐい式であるが、機械を通して採取する必要のない試薬反応の簡易検査。
-検査結果は15~30分。
 
抗体検査
-血液採取で抗体の存在を確認し、過去のコロナウイルス感染を確認する。
-病院、私立研究所所(Laboratoire)等で検査可能。
-検査結果は24時間以内とされているが、検査施設の都合により待ち時間が延びる場合もある。