ジャパン・レール・パスを利用するための書類

令和4年9月12日
JRグループが販売しているジャパン・レール・パスは、『日本国パスポート』及び『在留期間が連続して10年以上であることを確認できる書類で、在外公館で取得したもの等(発行から6ヵ月以内のもの)』を有する方が利用できます。
当館で取得可能な書類については下記のとおりです。
 
ジャパン・レール・パスの詳細については、こちらをご覧ください。
 

「在留届の写し」

当館に10年以上前に在留届を提出し、その後継続して当館の管轄地域に居住している場合には、「在留届の写し」の申請・取得が可能です。 
在留届の提出日が不明な場合は、当館にご照会ください。
 
  窓口における申請 郵送での申請
必要書類
2. 日本国パスポート
3. 住所疎明資料(フランス滞在許可証、公共料金の請求書など)のコピー
1. 在留届の写し交付申請書
 (注)申請書の余白に、日中繋がる電話番号を記載してください
2. 日本国パスポートの顔写真のあるページのコピー
3. 住所疎明資料(フランス滞在許可証、公共料金の請求書など)のコピー
4. 返信用封筒(返信先住所および宛名を記載し、フランスの切手を貼付してください)
(注)住所は、在留届登録の住所となります
在留届に記載された同居家族分も必要な場合 在留届に記載された同居家族を含めた「在留届の写し」の交付を希望する場合、記載する同居家族全員分の上記必要書類を添えて申請してください。また、同居家族が来館しない場合には、来館しない同居家族全員の「個人情報提供に関する同意書」を提出してください。 上欄の1~2の書類を全員分同封してください。
所要日数 3開館日 3開館日+郵送に要する時間
手数料 無料
 
【郵送で申請する際の書類送付先】
Ambassade du Japon en France, Service Consulaire
7, avenue Hoche 75008 Paris
 領事部 ジャパン・レール・パス係
 

2 「在留証明」

在留届の提出から10年経っていないため、「在留届の写し」の交付を受けることができない場合には、10年以上当館管轄地域に居住していることが確認できる書類を提出することにより、在留証明書の申請・取得をすることができます。
ただし、ジャパン・レール・パスを利用するためには、利用者1名につき1通の在留証明が必要とされています(同居家族をまとめて証明する形式では利用できません)。
在留証明の申請には、未成年者であっても申請人本人が来館して申請してください。
※ 当館管轄地域以外の住所については、証明することはできません。 
 
在留証明の申請方法は、こちらをクリックしてください。