パスポートの新規発給(更新の場合を含む)

令和5年3月27日
 

申請理由

1 パスポートの残り有効期限が1年未満になった場合
(但し、残存有効期限は新しいパスポートの有効期限に加算されません。)
2 記載事項に変更があった場合
3 出生した子供のパスポートを初めて申請する場合
4 パスポートの査証欄の余白が見開き3ページ以下の場合(有効期間が元の旅券の残存有効期間と同じ「残存有効期間同一旅券」、あるいは、切替申請として新たな旅券(5年又は10年の有効期間)のいずれか選択することができます)
   

 

必要書類

 1

一般旅券発給申請書 ※黒インクでご記入下さい。     記入例: 大人用  / 子供用 
領事窓口で入手できます。オンラインで作成した申請書を印刷して使用することも可能です。
※申請者が18歳以上の場合は10年用と5年用の選択できます。18歳未満は5年用のみです。
※国際結婚や、両親の何れかが外国人等の理由で非ヘボン式ローマ字表記または別姓・別名併記を希望する場合は、Livret de Famille、出生証明書、パスポート等、ラテン文字の綴りが確認できる書類も必要です。
※国際結婚により初めて別姓を併記する場合は、婚姻事実を確認できる6ヶ月以内発行の戸籍謄本が必要です。
※初めて旧姓の併記を希望する場合は、旧姓を確認できる6ヶ月以内発行の戸籍謄本が必要です。
 

 2

現在所持するパスポート
※新しいパスポートを交付する際に、VOID処理をした上で還付します。

 

 3

6ヶ月以内に発行の戸籍謄本
※有効なパスポートを所持し、記載事項(氏名や本籍地等)に変更がない場合は、原則として戸籍を省略することができます。

 

 4

写真1枚(カラー・白黒どちらでも可)
※縦4.5cm×横3.5cm、6ヶ月以内に撮影したものパスポート用写真について 

 

 5

 

フランス滞在許可証(提示)

※申請者が未成年の場合には、DOCUMENT DE CIRCULATIONを提示してください。(乳幼児の場合で、所持していない場合は不要)
※フランス国籍者など、フランス滞在許可証を所持していない場合は、国籍を有する国のパスポートあるいは身分証明書を提示してください。

 

 

未成年(18歳未満)の方

・年齢は、「年齢計算に関する法律」(明治35年法律第50号)により決まります。この法律によれば、年齢は誕生日の前日に1歳加算され、12回目の誕生日の前日に12歳となります。このため、5年有効のパスポートにおける手数料の減額措置は、12回目の誕生日の前々日までに申請を行った方に対し適用されます。
・申請者が7歳以上の場合は、申請書表面の「所持人自署」欄には原則本人が署名してください。
・法定代理人(親権者、後見人など)の署名が必要です。法定代理人の署名欄には、両親が親権を有する場合には、両親が合意の上どちらかが署名してください。
・法定代理人欄に署名がなされていても、もう一方の親から旅券発給に同意しない旨の意思表示がなされている場合においては、不同意を示した親が発給申請者の親権者であるかなどを確認した上で、当該パスポートの発給可否につき検討することとなります。その際、ご両親の意向確認のため「旅券申請同意書(形式自由)」をご用意いただくこともありますのでご承知おき下さい。
・単独親権の場合には、その確認のために戸籍謄本などを提示して頂く場合があります。

未成年者への旅券の発給について

 

 

フランス国籍をお持ちの方について

フランス国籍者で、両親がともにフランス以外の国籍の場合は、フランス国籍証明書(certificat de nationalité française)を提示してください。

 

所要期間

1週間

手数料

領事手数料

代理申請

申請・受領共に本人出頭が原則です。但し、申請者が未成年の場合に限り、親などの法定代理人による代理申請が可能です。
その場合は、「所定の申請書」または「オンライン上で作成したダウンロード申請書」に申請人本人が署名した上で、その他必要書類を添えて代理人が持参下さい。